代表者あいさつ

LaPoo手作り犬ごはんのお教室

プロフィール

代表者

石井正子 Masako Ishii
LaPoo手作り犬ごはんのお教室
自宅サロン オーナー

自宅サロンは埼玉県入間市の閑静な住宅街。
(近くにジョンソンタウン、航空基地)

犬の食事療法インストラクター師範。
野菜ソムリエ。
漢方、薬膳、メディカルハーブインストラクター。
食品衛生管理者。
の資格を持ち、《誰にでも作れる愛犬の健康手作りごはん》をモットーにセミナーを行っている。

若い頃より歌と料理が得意で、それを活かし、歌は20年以上のキャリアを持つステージ歌手でもある。
料理は、パーティー料理の企画、調理、セッティングまでを1人で請け負い自身の店を経営していた経験を活かし【LaPoo犬の手づくりごはんのお教室】を開業。

自宅サロンでは、毎月開催する【手作り犬ごはん入門セミナー】の他、ステップアップセミナーとして、ずっと健康でいる為の手づくり犬ごはんセミナー 全6回のコースも開催を予定している。

また、不定期ではあるが、ご要望の多い誰でも簡単に「デキる嫁」になれるホームパーティのセミナーも5月よりスタートする。(人ごはん)

プライベートでは3人の子供を育て上げ、現在は孫が4人。
主婦歴36年のベテラン。

少し年の離れた愛しの旦那サマとまだ嫁入り前の次女、
犬ムスコ(トイプードルの小熊,
スタンダードプードルの楽,凱)と暮らしている。

趣味はホームパーティとフラワーアレンジメント、フラワーリース作り。
週末に夫婦で行く犬連れキャンピングカーでの旅。

【手作り犬ごはんを始めたきっかけ】

私の初めての愛犬スタンダードプードルの熊が突然の病いで急死。
混合ワクチンを接種した事が引き金となり、免疫介在性溶血性貧血を発症し、なす術もなく、たった2日でこの世を去りました。
まだ7歳になったばかりの年の暮れでした。
おそらく、熊の病気は遅かれ早かれ発症したのかもしれませんがそれでも、あまりに呆気ないお別れに家族中が悲しみにくれ、私は自分を責め続ける日々が続きました。
「自分にもっとできる事はなかったのか?」
「体調に気をつけていれば防げたのではないか?」
「私達と暮らして幸せだったのだろうか?」
次から次へと後悔が心を埋めていきました。

【手作り犬ごはんの効果に気づく】

後悔の日々の中で、ふと、思い出した事がありました。
熊と楽が相次いで膿皮症にかかった時の事です。
先に発症した熊は病院で飲み薬と塗り薬をもらい、程なく治りましたが、患部は毛が抜け、その後、生える事はありませんでした。
その後、楽が発症した時、熊の事があったので、薬を一切使わずに膿皮症に良いとされる食材をフードにトッピングして患部にはメディカルオイルを塗布するだけの治療に専念したのです。
楽の方が酷かったにも関わらず、少々時間はかかったものの、すっかり綺麗に治り、その後再発することもありませんでした。

(犬の食事ってすごく大切なものかも?)

この時、初めて実感したのです。
今思えば、この時すでに熊の身体の免疫機能はかなり低下していたのかもしれません。

その頃の我が家の犬ごはんと言えば・・・ドッグフードonly.
たまに野菜や馬肉をトッピングする程度のものでした。

【完全手作り食を決意するまで】

手作り食の良さは実感したものの、総合栄養食と言われるドッグフードを直ぐに止める事は出来ませんでした。 決め手となったのは、末っ子の凱のお腹の不調と涙ヤケです。

散歩の度、始末するのに苦労するウンチは悩みの種で、涙ヤケは病院に通っても一向に良くなりませんでした。

その頃、すっかりフードジプシーとなっていた私ですが、色々と調べているうちに完全手作り食に行き着いたのです。 本を読みあさり、入門セミナーにも足を運び、これなら出来ると確信した私は直ぐに実行に移しました。

【犬のごはんを手作りにしたその結果】

それまでの悩みがみるみる改善されていったのです。
凱のお腹の不調は改善され、あれ程酷かった涙ヤケもすっかり綺麗になりました。
おまけに薄毛と言われていたトイプードルの小熊がトリミングサロンで「毛量が増え、毛質が良くなった」と言われるようになったのです!

石井 正子
【食事療法インストラクター師範として】

自己流で始めた完全手作り食を続ける中、友人からプラーナ和漢自然医療の犬の食事療法インストラクターのセミナーがある事を教えてもらい資格を取るに至ったのですが、この勉強のおかげで食事の大切さにあらためて気付く事が出来、病気に強くなる身体作りが食事で出来る事を知りました。
この事を、自分と同じ悩みを持つ方々にお伝えしたいという思いから自宅サロンを開く事を決心したのです。
私はお医者様ではないので、病気を治す事は出来ません。
でも、病気になりにくい身体作りのお手伝いなら出来るのではないかと思っています。
何より、食という生きていくうえで欠かせないものに携わっていきたいと強く感じています。
食の大切さは人も犬も同じです!
そして食べる楽しさも!!

誰にでも簡単に出来て健康的な手作り犬ごはん。
ついでに作る楽しさも少し。
私はこれをモットーにセミナーを運営していこうと思っています。

石井 正子
【手作り犬ごはん...その先にあるもの】

いくら手作り食をたべさせてるからといって愛犬が病気にならない訳ではありません。
そして、愛犬とのお別れは必ず訪れます。
私が熊との別れから学んだのは後悔しない子(犬)育てをするという事です。
それには先ず体調管理が1番大切だと考えました。
体調管理には食事が欠かせません。
自分の目で食材を選び、作り、与える安心感は手作りならではです。
そして、それを喜んで食べる愛犬の顔!

その先に幸せが見えませんか?

少しの知識とひと工夫で愛犬が健康的な食生活を送り、病気になりにくい身体を自らの手で作る。
自分にも出来るかしら?と悩んでいる方がいらしたら、どうぞ!LaPoo手作り犬ごはんのお教室へ来てみて下さい。
その日から自信を持って手作りごはんが始められますよ!

食事だけでは駄目な事もあるけど、食事でしか出来ない愛犬の身体のこと。
一緒に勉強しませんか?

食事は愛です。
愛情をかけ、愛情を受け取り、それが輪となって、ひとつなぎの幸せとなる事を願っています。

LaPoo手作り犬ごはんのお教室
石井 正子